勉強する習慣を身に付けよう

家庭で出来る幼児教育の情報まとめ

脳が柔らかい時期に勉強する

ある程度の年齢になってから勉強を始めても、知識を吸収することは難しいです。
もっと幼い頃から勉強していることで、脳が柔らかくなるので大きくなってからもスムーズに知識を吸収できます。
幼児教育を心がけましょう。
読書をすることが、家庭でもできる簡単な幼児教育になります。
想像力や表現力を身に付けることができます。
自分で本を読めない場合は、読み聞かせをしてあげましょう。
音楽を聞かせたり、楽器を演奏させたりするのも効果的です。

オモチャを使う幼児教育もあります。
普通の勉強は、子供が飽きるかもしれません。
1回飽きると、もう子供は勉強しなくなります。
飽きずに勉強を続けるためには、楽しく学ぶ必要があります。
そのためにオモチャを使ってください。
パズルなどのオモチャがあるので、自分で形を考えることが脳の発達に役立ちます。
子供の年齢に合っているオモチャを用意しましょう。

外に連れ出すことも、幼児教育に繋がります。
図鑑などを見れば、様々な生き物が記載されています。
ですが本で見るのと、外で見るのではまったく異なります。
実物を見なければ、わからないことも多いです。
休みの日に、遠くの山や海に連れて行くのがいいですね。
近所の公園だけでなく、いろんな所に連れ出してください。
子供が喜びます。
そしてわからないことがあれば、調べさせましょう。
何でも大人に答えを聞いていると、自分で調べる力を失ってしまいます。
自分で考えることが勉強になります。

おすすめリンク


TOPへ戻る